Archive for 8月, 2017

すっぴんが好きという男の人

さっき、まっちゃんの(ダウンタウン)番組で、
男性は女性のすっぴんが好きという信じられない話がされていた。

すっぴんが好きだなんて絶対おかしい。
だって、シワやしみや毛穴やニキビ跡や、
全部が露呈されるんですよ!無理無理!!

アンケートで女性はすっぴんで仕事に行くということに、
80パーセントが無理と言っているのに、
男性は40パーセント以上の人はそうしてほしいと思っているとか。
男性って本当にそうなの?

だって、女性からしたらさっきも書いたけど、
すっぴんって自分のダメな部分をさらけ出すこと。
それがいいとは到底思えない。

でもかのまっちゃんが「すっぴんバーがあったら行く!」
などと言っていた・・・本当かなあ。

でも過去に付き合ったことがある男性で、
すっぴんが異常に好きな人がいて、
すっぴんだと超喜んでいた。
そいつはこちらが40歳をとうに過ぎてるのに、
ハイソックスを履いて欲しいなどと言ってきた人。

なのでそいつは変態なんだ。
だからすっぴんが好きなんだと思っていた。
でも・・・違うの?

でも裏を返せば男性はきっとみんな変態なのだろう。
だからすっぴんが好きとか言っちゃう。

でも・・・人間なんてみんな変態かw

ヒアルロン酸は美肌のための天然成分

天然の美容成分である「ヒアルロン酸」は人体の細胞と細胞の間のあらゆる箇所に広範囲に分布し、
健康でつややかな美肌のため、
優れた保水力の保持であるとかクッションのように衝撃を吸収する役割を担い、
個々の細胞をガードしています。

健康な美肌を維持するには、たくさんの種類のビタミン類を身体に取り入れることが重要となるのですが、
それに加えて皮膚組織同士をつなぐ大事な役目を持つコラーゲンを合成するためにも欠かすことができないのです。
たくさんとって美肌を目指したいですね。

肌のエイジングケアとして何よりもまず保湿としっとりとした潤いを、
もう一度回復させることが必要だと断言できますお肌に水を多量に確保することで、
肌を保護するバリア機能がうまく発揮されることになります。

よく知られていることとして「高い化粧水をケチって使っても意味がない」
「贅沢にバシャバシャと使って潤いを与えたい」という話を聞きますね。
それは確かなことであって使用する化粧水の量は少なめにするより多めの量の方がいいかと思います。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代になると一気に減り幅が大きくなり、
40代を過ぎる頃には赤ちゃん時代と比較してみると、
約5割程度に落ちてしまい、60代にもなるととても少なくなってしまいます。

セラミドは角質層を形成する大切な成分

皮膚の一番外側にある表皮には、
強靭で丈夫なタンパク質で構成された「角質層」という膜が存在しています。
よく耳にしますよね。
この角質層を形成している角質細胞と角質細胞の間をセメントのように埋めているのが
最近話題の「セラミド」というスフィンゴ脂質という脂質の一種です。

全身のヒアルロン酸の量は乳児の頃に一番多く、
30代を過ぎるころから急激に減少速度が加速し、
40代になると乳児の頃と比較してみると、5割以下に減ってしまい、
60歳代ではとても少なくなってしまいます。
ちょっとびっくりと同時に不安になってしまいます。

若さを保った健康的な皮膚にはたっぷりのセラミドがあるので、
肌も水分を豊富に含んでしっとり感があります。しかし残念なことに、
加齢などでセラミドの含量は低下します。

注目の美容成分セラミドにはメラニンの生成を抑え込んで、
気になるシミやそばかすを防御する有益な美白作用と肌への保湿によって、
カサつきや小じわ、ガザガサ肌などの憂鬱な肌の悩みを阻止する美肌作用があります。

肌が持つ防御機能によって潤いを保とうと肌は頑張り続けているのですが、
その有益な作用は加齢に影響され徐々に低下するので、
スキンケアでの保湿で届かない分を補給してあげることが必要になります。